ザイロリック・ジェネリック(痛風)

ザイロリック・ジェネリック(痛風)

  • メーカー:Bristol
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:アロプリノール100mg・300mg

商品詳細

こちらのザイロリックジェネリックは尿酸値を下げ、痛風の治療に使用されるジェネリック医薬品です。
痛風は血中尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態で発症し、その状態を痛風(高尿酸血症)と言います。痛風は字が表すよう「風に吹かれるだけでも痛い」という意味からきており、以前は「ぜいたく病」と呼ばれ、贅沢な食べ物ばかりを食べている人がかかる病気とされてきました。しかし、食文化の変化に伴い今では一般的な病気となっています。

ザイロリックジェネリックに含まれる アロプリノールが尿酸の生合成を阻害し、尿酸を減らし痛風(高尿酸血症)を改善します。
尿酸値は普段の生活(食生活、飲酒、ストレス)習慣の影響を大きく受ける為、医薬品だけではなく生活習慣の改善を同時に始めることをおすすめします。

用法・用量

1日200~300mgを2~3回に分けて、食後に経口から服用。その際はコップ1杯のお水、又は白湯で飲むこと。


注意点

アルコールの摂取は控えること。
白血病の薬(メルカプトプリン)や免疫抑制薬(アザチオプリン)と併用すると副作用が強く現われる可能性があります、併用の際は本剤の服用量を1/3~1/4に減らすこと。
腎臓病、高齢の方は薬の成分が排出されるまでの時間がかかるため、服用量を減らすこと。

高温・多湿・直射日光を避け、室内で保管すること。

※用法・用量、注意点、商品の詳細などに関しては一般的な薬剤情報を和訳したものです。ココロ薬局では服用・使用による一切の責任を負いかねます。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量を守って頂くようお願い致します。


副作用

発疹、かゆみ、食欲不振、胸焼け、消化不良などの副作用の報告あり。
重症化、又は長期にわたり異常が起こった場合は病院での診療をおすすめします。

利用者の声

  • 痛風になった友人から「なってからじゃ遅いから、ほんと予防した方がいい」と鬼気迫る助言をもらったので、ザイロリックジェネリックを飲むことにしました。特に副作用も気にならないですが効果があるような気もしないです。これを一生飲み続けられるかどうかは自信がありません。

  • 痛風はすごく痛いけど、ザイロリック代はお財布にも痛い。なので、最近はザイロリック・ジェネリックを活用するようにしています。ジェネリックなので価格が安価ですし、このサイトは海外からの発送にもかかわらず手続きも早いので、かなり助かっています。

  • ザイロリック・ジェネリックの方が安いのでこれにしました。痛風の症状を和らげたいなら、こちらの商品を購入するのが一番安定かな?痛風のつらさを理解している人なら絶対にこういう薬は必要だと思いますので、持っておきましょう。

  • あまりに酷い食生活をしていたこともあり30代で痛風に。歩くのも辛いという状況でした。ザイロリック・ジェネリックは完全ではないですが痛風を緩和してくれます。日常生活を普通に送ることが出来ているので助かっています。

  • 薬って結構高いのでいつもジェネリックを探しています。痛風の薬にもザイロリック・ジェネリックというものがあると知って注文しました。ジェネリックでも全く効果は変わらないので男性んこちらを選びます。

  • 食生活の乱れが原因で痛風のリスクがあると医師から警告を受けていました。それでもなかなか食生活を改善することができないでいたのでザイロリック・ジェネリックを使いました。少しずつですが体調が改善してきています。

  • 医者から高尿酸血症になる可能性を警告されてしまいました。ザイロリック・ジェネリックでエコノミーな痛風対策をします。

  • 今まで3回も痛風になりました。毎回耐え難い痛みなので、ザイロリック・ジェネリックを購入しました。次に痛風になった時、これがあるので安心と自分の中で思っています。

  • 痛風に悩まされていたのですが仕事が忙しく、なかなか病院に通うことができなかったので初めてネット上で薬の購入をしてみました。副作用などに関して危惧していましたが、特にそういった問題もなく、痛風の状態もかなり緩和されているのでありがたく使わせていただいています。

  • ジェネリック系は本家と比べて効果に大差ないということで、安い方であるこちらを購入。さすがザイロリック・ジェネリックというだけあって、あれだけきつかった痛風もかなりマシになってきました。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ


ページの一番上へ戻る