フルニル(プロザック)

フルニル(プロザック)


商品詳細

こちらのフルニルはうつ病や摂食障害に対して改善効果のある医薬品です。
主成分の塩酸フルオキセチンにはSSRIと呼ばれる作用があります。脳内のセロトニンという物質の再吸収を抑制しうつの症状を改善するというものです。
フルニルは従来の抗うつ剤に比べ副作用が少なく、効果が現れるまでの時間が短い為、使いやすい抗うつ剤として世界中で注目を浴びています。
パニック障害、神経性拒食症、睡眠障害にも効果があり、副作用や依存症が不安な方にはフルニルをおすすめします。

用法・用量

1日1回、午前中に経口から服用。その際はコップ1杯のお水、又は白湯で飲むこと。

うつ病治療の場合:20mgから服用を開始。
効果を見ながら20mg単位で増量する。増量の際は1週間以上空けて行うこと。
ただし、1日の上限80mgを超えない範囲で服用すること。

強迫性障害治療の場合:20mgから服用を開始。
効果を見ながら20mg単位で増量する。増量の際は1週間以上空けて行うこと。
ただし、1日の上限80mgを超えない範囲で服用すること。
上限は80mgですが60mg以内におさめることが望ましいです。

パニック障害治療の場合:10mgから服用を開始。
効果を見ながら20mg単位で増量する。増量の際は1週間以上空けて行うこと。
ただし、1日の上限60mgを超えない範囲で服用すること。


注意点

塩酸セレギリン、塩酸チオリダジンを含む治療薬と併用しないこと。
オーロリックス、マネリックス、トリマなどモノアミン酸化酵素阻害薬と併用しないこと。
重度の腎臓疾患、躁うつ病をお持ちの方は服用しないこと。

高温・多湿・直射日光を避け、室内で保管すること。

※用法・用量、注意点、商品の詳細などに関しては一般的な薬剤情報を和訳したものです。ココロ薬局では服用・使用による一切の責任を負いかねます。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量を守って頂くようお願い致します。


副作用

消化不良、眠気、食欲不振、性欲減退、嘔吐感、発汗などの副作用の報告あり。
重症化、又は長期にわたり異常が起こった場合は病院での診療をおすすめします。

利用者の声

  • パニ症持ちです。フルニルを飲むと落ち着くのですが、これが無いと・・・と思うと少し怖いので飲む量を減らしていきたいと思っています。

  • ありがとうございました。今までとは比べものにならないくらい元気になり、仕事もはかどっています。本当に魔法のような効き目で、むしろ怖くなるくらい。しかし一時的なものだと思うので、今後も買い続けたいと思います。

  • 憂鬱な気分などの典型的なうつ病症状に悩まされていたのですが、フルニルはつらい時にすぐ効果を発揮してくれるので助かっています。数ある抗うつ剤の中でも、特に名前がかわいいという理由で選んだのですが、副作用も少なかったので、購入してよかったと思います!

  • フルニルを使うと気分が楽になります。生きていくためには欠かすことが出来ません。ずっと使い続けます。

  • 従来の抗うつ剤は副作用がひどくてあまり使いたくありましたでした。副作用がほとんど出ないフルニルは安心して使うことができています。

  • セロトニンに作用するSSRI系の抗うつ剤です。自分はこいった薬に慣れているんでフルニルも適量を服用できてますが、初心者は危ないんで素直に精神科や心療内科で処方してもらうのが安全です。フルニルの抗うつ効果は問題ないレベルだと思います。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ


ページの一番上へ戻る