セロフロ(アドエア)

セロフロ(アドエア)

  • メーカー:Cipla
  • カテゴリ:アレルギー・喘息
  • 有効成分:フルチカゾンプロピオン酸エステル・サルメテロールキシナホ酸塩100mcg・250mcg

商品詳細

こちらのセロフロは喘息の治療や予防を行うジェネリック医薬品です。
喘息の原因には花粉、ペット、ダニ、ハウスダストなどがありアレルギー症状を引き起こします。
直接吸入することで気道を広げ、炎症を抑え、呼吸困難を改善します。
喘息の症状を抑える事ができるのはセロフロのみで、効果時間が約12時間と長いことも人気の一つです。
本商品は薬剤のみです。吸入器をお持ちで無い方はこちらのセロフロ インヘラーをどうぞ。

用法・用量

1日2回(12時間おき)に吸入。

まずは吸入器へ薬剤をセットします。
1.吸入器の穴の部分へ錠剤を差し込む(奥までしっかりと)
2.吸入器の上部を指で固定し、吸入器の底部分を回し錠剤を粉末状にします。

粉末状の薬剤を吸入します。
3.息を大きく吐き、吸入器を口に入れます
4.1秒間、勢い良く息を吸って下さい
5.吸入器から口を離し数秒間息を止めます(目処は10秒前後ですが無理をしない程度に)
6.3~5の手順を1~2回繰り返します
7.吸入が完了すれば最後にうがいをして終了です


注意点

1日2回吸入する必要がありますが、吸入を忘れた際は次の吸入予定時間が近くなければすぐに吸引すること。吸入を忘れたからといって、1度に2回分の吸入はしないこと。

就寝前、朝に吸入することをおすすめします。
発作がなくとも予防効果があるので継続して行うこと。
年齢と症状によって、用法が異なるので専門の医師に相談した上で使用すること。

高温・多湿・直射日光を避け、室内で保管すること。

※用法・用量、注意点、商品の詳細などに関しては一般的な薬剤情報を和訳したものです。ココロ薬局では服用・使用による一切の責任を負いかねます。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量を守って頂くようお願い致します。


副作用

セロフロ使用時の副作用発症率は非常に低いですが気管支収縮や呼吸困難などがあります。
このような症状が現れた際は直ちに使用を中止し、医師の診断を受けましょう。

利用者の声

  • 私だけかもしれませんが、寝る前に使用し朝起きると発疹ができているときがあります。それほど目立つものでもないのでそのまま使っていますが

  • 毎年花粉の舞う季節になると持病の喘息に苦しめられていた私でしたが、こちらを使ってからは比較的症状が楽になりました。1度使用すると半日効果が持続するという点も非常にありがたいです。これからはセロフロ無しでは生きていけないかもしれません(笑)

  • 乾燥する季節になると喉の調子が悪くなっていました。マスクをしても咳が止まらずに苦しい思いをしていました。会議や商談中にも席が止まらないこともあり仕事に支障が出るほどだったんです。そこでセロフロを購入して利用しました。乾燥の季節でも喉の調子が悪くなることはありません。咳に苦しむことがなくなったんです。

  • セロフロはアドエアと同じなんで、喘息持ちとしては問題なく使えています。吸入器は別売りだから持ってない人はそっちも買って下さい。一回で12時間も効果が続くので使い勝手がいいです。

  • 生まれつき喘息気味である私は急に喘息の症状が現れることがあります。セロフロは喘息の症状を抑え、持続時間も長いので常備薬として持ち歩いています。

  • 喘息で苦しめられている人にとっては、セロフロは手放せません。これだけで炎症もかなり軽減されるので、私はいつも使っています。喘息持ちの友達にも勧めちゃいました。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ


ページの一番上へ戻る