海外医薬品の個人輸入について

医者

日本には薬事法というものがあり、日本国内で販売されている医薬品は全て厚生労働省から認可を得ているものです。認可の下りていない医薬品を販売することは薬事法により禁止されています。

日本の薬事法は世界的にも厳しく、新しい医薬品の認可に関しても高い基準で審査されているため、海外に比べて流通している医薬品が少ないことが特徴です。

しかし、国外では日本でまだ未承認の医薬品も購入することができます。中には国内で流通している医薬品と同じ成分と効果をもつジェネリック医薬品も国内の新薬に比べ安価で購入することができます。

こういった海外の医薬品を購入することはできないのでしょうか?

薬事法には「個人で使用する目的であれば輸入を認める」といった内容があります。条件はこれだけではありませんが、あくまで個人が自分が使用する医薬品を海外の製薬会社やお店から直接購入することを許可しています。

個人輸入代行サイトを利用する

通販サイトの客

しかし、言葉の壁や税関など様々な問題から海外のメーカーやお店から直接購入することは難しいと言えます。

この問題を解決する方法が当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトを利用することです。日本語で表記され、国内の通販サイトと同じような操作で簡単に購入できます。

ただし、薬事法で定められたルールに従い購入する必要があります。そのルールというのが「注文数は2ヶ月分未満の薬量」「個人で使用する場合のみ」この2点です。

一度の大量購入や友人知人など第3者への譲渡や販売も許されていないため注意が必要です。配送先を会社にするや宛名を偽名にするなどの詐称を行った場合は税関で止まってしまう可能性が高くなるため、ご購入の際は正確な登録情報を入力することを心がけましょう。

ページの一番上へ戻る